長崎屋を利用【日用雑貨や食品に力を入れる】

最新記事一覧

安さの理由を知ろう

レジ

本当にお値打ちな買い方

2012年末に政権交代してから景気が良くなったとは言え、大企業のみがベースアップとなり、中小零細企業は厳しい状況で、海外市場をターゲットにした企業は良いものの、国内のマーケットで勝負する企業は競争が激化し、同一市場での生き残りが難しい状況です。とくに、小売業を展開する企業の場合は深刻な問題です。スーパーマーケットのような食品や日用品を販売する企業は、一般消費者に販売するため、収入事情が厳しい現在、安く売るのが当たり前という概念が定着し、とくに白物と言われる、パン、豆腐、玉子などは特売チラシの玉となってしまいます。中でも豆腐は10円以下で販売されていることがあり、販売者は原価割れして売っていることがあります。まさに激安という状況ですが、販売好調でも儲からないお店が多く、他のテナント収入が主力となることが多いようです。生鮮類の特売品は賞味期限が近いものが多く、加工食品の場合、原材料や加工地が海外ということが多いです。海外産の原料使用した食品は安くても買わないという人も多いです。激安商品は客寄せのための玉です。最近、お買い物にエンターテインメント性を高めたお店のスタイルが多くなり、安さのみを強調する販売スタイルではなくわくわく感をお買い物に入れるという「驚安」という言葉が使われるようになりました。驚安とは驚きの価格という意味で、自分にとって値打のある価格、満足のゆくお買い物をお値打ちにという意味です。激安は市場原理主義を高め、原材料や販売の質を落とし、驚安は消費者一人一人の満足を与えるます。驚安の言葉が持つように、本当に欲しいものが手に入った時にお値打ち感が味わえお買い物にわくわく感が出るのでしょう。安くても必要でなくては買わないということが良いのでしょう。

おすすめ記事一覧

レジ

安さの理由を知ろう

新たな言葉として「驚安」という言葉が出てきましたが、これまでの消費は「激安」という言葉に消費者がつられてきました。しかし、安く売れる裏側にはそれなりの理由もあります。自分にとって必要なものをお値打ちに買い、満足のゆくお買い物ができて安いと言えるのです。

女性

毎日の暮らしの味方

低価格と高品質で消費者に支持されているのが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されているPB商品です。シンプルなデザインや簡素なパッケージであることや、消費者のニーズに応える新商品が続々と登場することも人気の理由です。

Copyright© 2018 長崎屋を利用【日用雑貨や食品に力を入れる】 All Rights Reserved.