長崎屋を利用【日用雑貨や食品に力を入れる】

最新記事一覧

レジ

安さの理由を知ろう

新たな言葉として「驚安」という言葉が出てきましたが、これまでの消費は「激安」という言葉に消費者がつられてきました。しかし、安く売れる裏側にはそれなりの理由もあります。自分にとって必要なものをお値打ちに買い、満足のゆくお買い物ができて安いと言えるのです。

女性

毎日の暮らしの味方

低価格と高品質で消費者に支持されているのが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されているPB商品です。シンプルなデザインや簡素なパッケージであることや、消費者のニーズに応える新商品が続々と登場することも人気の理由です。

主婦

主婦の悩みを解決する

主婦をしていると、よく布巾を使うことがあるでしょう。あっちこっちふきんは、傷がつきにくく、水滴も残りにくいので様々な場所で活躍してくれます。マイクロファイバーでしっかりと汚れを落とすので、洗剤を使いたくない場所にも便利です。

食材

さまざまな品揃えのお店

長崎屋は食料品や衣料品などを販売する老舗のスーパーマーケットチェーンですが、現在では大手ディスカウントチェーンのドン・キホーテの子会社になっています。そのために現在、長崎屋の多くの店舗でドン・キホーテの商品を購入できます。

店員

驚きの質にこだわるお店

ディスカウントストアであるドン・キホーテでは自社の商品の価格を激安という言葉ではなくて、驚安という言葉で表しています。これはただ単に価格が安いというだけではなく、利用客を驚かせることができる魅力的な品揃えがあることも意味しています。

安さとと楽しさを追求

スーパー

消費者目線に立つ販売

東京都に本社機能を持つ総合小売り業者に「長崎屋」があります。長崎屋と言えば、スーパーチェーンとして全国に展開し、食品や衣料品を中心に販売しているというイメージをお持ちの人が多いでしょう。長崎屋は元々寝具を販売していた歴史を持つ企業で、寝具や衣料を広く展開していました。独自の仕入れルートと販売スタイルで衣料品に力を入れるも、市場原理が働く経済の中で、消費者の目は厳しいものであり、長崎屋の衣料品の販売価格が他店に比べて高いことが評判となり、日用雑貨や食品に力を入れるも、すでに市場は競争が激化しており次々に展開することに失敗を繰り返し、経営は厳しい状況へと変わりました。今後、消費高齢化が進む日本で問題となるのは、社会でどう生き残るかです。毎年、次々に起業する会社がありますが、5年生存率を見ると10%以下にまで落ち込んでいます。大手企業や中堅企業でもM&Aによる生き残りを考える時代です。1998年に業績悪化と小売業界再編の波に煽られ、会社更生法の適用となった長崎屋ですが、現在は総合ディスカウントストアを展開する企業の傘下として全国展開しています。これまでは自社の利益を第一に考えて販売するものが、自社のとって都合の良いものが多かったのですが、現在では消費者の興味や欲しいものを、よりお値打ちにお買い物を楽しめるというエンターテインメントを考えた販売を展開しています。どこにでもあるものが他店より安いという古い販売スタイルをやめ、消費者が喜ぶ物や楽しいお買い物というスタイルに切り替え、過去のイメージを払拭しています。

おすすめ記事一覧

レジ

安さの理由を知ろう

新たな言葉として「驚安」という言葉が出てきましたが、これまでの消費は「激安」という言葉に消費者がつられてきました。しかし、安く売れる裏側にはそれなりの理由もあります。自分にとって必要なものをお値打ちに買い、満足のゆくお買い物ができて安いと言えるのです。

女性

毎日の暮らしの味方

低価格と高品質で消費者に支持されているのが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されているPB商品です。シンプルなデザインや簡素なパッケージであることや、消費者のニーズに応える新商品が続々と登場することも人気の理由です。

Copyright© 2018 長崎屋を利用【日用雑貨や食品に力を入れる】 All Rights Reserved.